ページTOPに戻る 通話無料

電話相談はこちら!

0120-0120-24 24時間受付
お問い合わせ

最新更新日:2020年09月17日

まずは状況をお知らせください
【24時間365日】

通話料無料 0120-0120-24

水漏れ・つまり・水道に関するトラブルや悩みを24時間受付でお客様をサポート!

最新更新日:2020年09月17日

水漏れ・つまりのトラブルなら水道屋本舗

  • お客様満足度99.8%※平成29年度(当社調べ) お見積り無料 24時間365日 TOTOLIXILINAX取扱店 クレジットカードOK! 修理実績100万件突破!

まずは状況をお知らせください! 24時間365日通話無料0120-0120-24

WEB特別割引

スタッフブログ詳細

屋外の給水管がポッキリ!折れた部分を修理

施工事例 水漏れ 工事事例 千葉

本日の依頼内容

千葉県市原市稼働のOです。

屋外のお水の管が折れて水が大量に出てくるとのことでご依頼いただきました。

バルブのところでポッキリ折れています。

給湯器に繋がるところの屋外に出ている部分が腐食によって折れてしまったようです。

いざ施工開始!

お客様に状況をご説明させていただき、早速修理開始です。

元々の鉄の給水管が折れてしまっているので、鉄の給水管と、簡単に加工のできる塩ビ管をLAジョイントという継手を使って接続します。

その先のバルブも状態が悪く不安が残るので新しいものに交換させていただきました。

バルブの上からは金属の曲げられるフレキ管で給湯器と接続して、補習は完了です。

そのあと、保温材を巻いて施工完了です。

完了後の写真を撮り忘れてしまいましたが、この後にキャンバステープというビニールみたいなテープを巻いて綺麗に施工しております。

最後に

鉄の管や銅の管は約30年と言われているので、経年劣化で壊れるのは仕方ないことですが、保温材やキャンバステープは10年ほどでかなり痛んできます。

痛みがひどくなって中の管が見えるようになってしまっていたら、早めに保温材を巻いてあげることで、多少経年劣化の速度を和らげてくれますし、凍結からも守ってくれます。

壊れるまで使ってしまうのが水回りかと思いますが、早め早めの対処をしていただくことも大切だなとあらためて思いました。

 

 

お急ぎの方はこちら 0120012024
お急ぎの方はこちら 0120012024
HOMEに戻る

お急ぎの方はこちら!

24時間 通話料無料

0120-0120-24

お電話一本でお伺いします!
WEB特別割引
ご注文の際に「ホームページを見た」とお伝えいただくと通常価格より2,000円OFF!
Copyright©2016 Aqualine Ltd. All Rights Reserved.