ページTOPに戻る 通話無料

電話相談はこちら!

0120-0120-24 24時間受付
お問い合わせ

最新更新日:2020年10月16日

まずは状況をお知らせください
【24時間365日】

通話料無料 0120-0120-24

水漏れ・つまり・水道に関するトラブルや悩みを24時間受付でお客様をサポート!

最新更新日:2020年10月16日

水漏れ・つまりのトラブルなら水道屋本舗

  • お客様満足度99.8%※平成29年度(当社調べ) お見積り無料 24時間365日 TOTOLIXILINAX取扱店 クレジットカードOK! 修理実績100万件突破!

まずは状況をお知らせください! 24時間365日通話無料0120-0120-24

WEB特別割引

スタッフブログ詳細

トイレの詰まり

つまり トイレ脱着 広島

ティッシュペーパーをトイレに大量に流してしまいトイレの水が全く流れなくなってしまいました。

築30年以上のマンションにお住まいのお客様でした。

トイレットペーパーではなく、ティッシュペーパーを、それもかなり大量に流してしまい、その後流れなくなってしまったとのことでした。

トイレ以外の箇所に排水に異常はないとのこと。便器自体は使用8年ということでした。

念のため、台所、浴室、洗面所の排水状況を確認。特に異常は無さそうでした。

次に便器の排水経路を点検してみましたが、異常は奥の方で起きているようで、手前のほうには手応えはありませんでした。

便器の構造を絵に書いて説明し、奥の方で異常が起きていること、奥まで行ってしまっていると、こちら側には戻せないことを説明しました。

一般的な解決方法とそれぞれのメリットデメリットについて

安全に取り除くのであれば、便器自体の脱着作業をまずはお話させていただきました。

ただ、ご申告の通り、ティッシュペーパーであれば、こちら側戻すことはできないけれども、奥に空気圧をかけて押し込むことも可能であることを説明しました。

ただし、いくらご申告がティッシュペーパーの流しすぎとは言え、本当は何が起きているか目で確認できないため、奥に押し込む作業はそれなりのリスクを了承していただく必要があることをお伝えしました。

例えティッシュペーパーだけだとしても、本来は流して良いものではないので、便器抜けて排水管で詰まるリスクも了承していただく必要がありました。

安全な作業をご希望されたので、便器脱着となりました。

トイレを外してみると大量のティッシュペーパーが配管の途中で詰まりを起こしていました

 

ご申告通りティッシュペーパーが引っかかっていました。

取り除いた後の通り道も確認していただきました。奥の方がかなり狭くなっているのが分かります。

無事作業を完了し、安心して使っていただけるようになりました。

お急ぎの方はこちら 0120012024
お急ぎの方はこちら 0120012024
HOMEに戻る

お急ぎの方はこちら!

24時間 通話料無料

0120-0120-24

お電話一本でお伺いします!
WEB特別割引
ご注文の際に「ホームページを見た」とお伝えいただくと通常価格より2,000円OFF!
Copyright©2016 Aqualine Ltd. All Rights Reserved.