ページTOPに戻る 通話無料

電話相談はこちら!

0120-0120-24 24時間受付
お問い合わせ

最新更新日:2020年05月28日

まずは状況をお知らせください
【24時間365日】

通話料無料 0120-0120-24

水漏れ・つまり・水道に関するトラブルや悩みを24時間受付でお客様をサポート!

最新更新日:2020年05月28日

水漏れ・つまりのトラブルなら水道屋本舗

  • お客様満足度99.8%※平成29年度(当社調べ) お見積り無料 24時間365日 TOTOLIXILINAX取扱店 クレジットカードOK! 修理実績100万件突破!

まずは状況をお知らせください! 24時間365日通話無料0120-0120-24

WEB特別割引

スタッフブログ詳細

詰まりを解消するだけがトイレ詰まりの問題解決ではない!

お役立ち つまり トイレ脱着 東京都 神奈川

便器を取り外す事例とは

本日はトイレ詰まりの際の、便器の脱着についてお話しさせていただきます。

先日横浜市のO様宅にて取り外した便器を参考に見てみましょう。

トイレ詰まりの際、下記の場合は便器の脱着を行う必要性が出てきます。

1.ご依頼主とトイレを詰まらせた方が別の方で、詰まっているものが何かわからない場合。

2.詰まっている物はわかっているが、詰まりの原因を押し流した場合に、押し流した先の排水管で再び詰まりを起こす可能性が有る物(水に溶けない物)が詰まっている場合。

3.詰まりの程度が酷い時、度々トイレが詰まる場合。

4.排水管詰まりの場合。

この場合、便器を外して詰まりの原因究明や詰まりの原因の根本的な解決を行う事があります。

実際に便器を外してみると

詰まっているトイレの便器を外して裏側を見ると、下の写真のようになっております。

↑の写真は外した便器を立てて裏側を覗き込んだ状態の写真です。今回の写真では便器側にトイレットペーパーがギッシリ詰まっております。

排水管側(排水ソケット)に詰まっている場合は、↓こちらに同じようにトイレットペーパーが固って詰まっている状態になります。

排水管に問題があったり、粘度の高い便がこびりついていたりすると、このトイレットペーパーの塊を流した時に排水管詰まりに悪化する事などもあるので、詰まっている物を押し流す時には注意が必要となります。

トイレ詰まりが解消したと思ったらまたすぐに詰まった、、

そういう時は排水管詰まりかもしれません。

詰まってからの対処は大変かと思いますので、大量にトイレットペーパーを流す時や、多めの便をした時、特に硬い便を流す時等は、何回かに分けて流す事をお勧め致します。

 

 

お急ぎの方はこちら 0120012024
お急ぎの方はこちら 0120012024
HOMEに戻る

お急ぎの方はこちら!

24時間 通話料無料

0120-0120-24

お電話一本でお伺いします!
WEB特別割引
ご注文の際に「ホームページを見た」とお伝えいただくと通常価格より2,000円OFF!
Copyright©2016 Aqualine Ltd. All Rights Reserved.