水漏れ・つまり・水道に関するトラブルや悩みを24時間受付でお客様をサポート!

最新更新日:2024年07月13日

水漏れ・つまりのトラブルなら水道屋本舗

  • お客様満足度99.8%※平成29年度(当社調べ) お見積り無料 24時間365日 TOTOLIXILINAX取扱店 クレジットカードOK! 修理実績100万件突破!

まずは状況をお知らせください! 24時間365日通話無料0120-0120-24

お役立ち情報詳細

シンク下が臭い!原因や対処法、予防のためのお掃除方法を徹底解説!

目次

もわっと漂ってくるシンク下の臭いにお悩みではありませんか?ふとした瞬間に気づく、シンク下の嫌な臭いはなるべく早く解決する方がよいでしょう。

この記事では、以下のことについて重点的に解説しています。

●シンク下の臭いに気づいた時にまずやること
●シンク下からの嫌な臭いの原因
●シンク下の臭いを解消するためのお掃除方法

最後まで読んでいただくことで、シンク下の臭いを解決するための知識を習得することができます。

この記事を参考にして、シンク下の嫌な臭いを解消しましょう!

シンク下が臭いと思った時にまずやるべきこと

シンク下からの臭いに気づいた時、まずやるべきこととして3つ解説します。適切な応急処置を行なったうえで解決するための手立てを考えましょう。

水漏れのチェック

シンク下から臭いがする場合、シンクと下水道をつなぐ排水管が破損していることが疑われます。

もしそうであれば、水漏れが発生している可能性がありますので、水漏れしていないかを確認しましょう。

水漏れを放置することで起こるトラブルとして考えられるのは以下のようなことが挙げられます。

●カビが生えてしまう
●収納の壁や床が腐ってしまう
●収納物が浸水してしまい、使い物にならなくなる
●電気配線が近くにある場合、ショートしてしまってより大きな問題を招く

このように、水漏れによって起こりうる二次被害はいくつか考えられます。臭いだけでなく、さらに大きな問題を発生させてしまう可能性があるため十分注意しましょう。

もしも、水漏れしていることを確認できたら、まずはタオルや雑巾で水気を拭き取りましょう。これ以上水漏れしないようにするために、問題が解決されるまでシンクの利用を控えた方が良いです。

部屋を換気する

水漏れへの応急処置が完了したら、部屋を換気することをおすすめします。換気扇を回したり、窓を開けて外気を取り込むだけでも十分に効果があります。

シンク下の嫌な臭いが部屋中に充満してしまうだけでなく、気分が悪くなってしまう恐れがあります。

どうしても臭いが気になってしまう場合には、マスクをするなどして対処しましょう。

シンク下の部分が扉になっていて開ける場合には、そちらも開いて換気しましょう。カビの繁殖を抑制したり、シンク下の湿度を下げて、臭いを軽減できる可能性があります。

臭いの原因を突き止める

シンク下の臭いの原因を見つけることができる環境を整えたら、臭いを改善するために臭いの原因を突き止めましょう。

シンク下からの臭いの原因はいくつかあります。複数の要因が重なって臭いを発生させている場合もありますのでその点も合わせて確認しましょう。

臭いの原因が分からないまま対処を行ったとしても、それが根本的な解決策にならない場合があります。素早く適切に処置できるようにするためにも臭いの原因を突き止めることは重要です。

臭いの原因の種類については次の章で解説しますので、一つずつ確認してみましょう。

また、どうしても臭いの原因が分からない場合には専門の業者に依頼することもおすすめです。業者への依頼方法についても以降で解説していますので参考にされてくださいね。

シンク下が臭い原因6つ

シンク下から嫌な臭いが漂ってくる時に考えられる原因はいくつかあります。また、これらの原因が複合して発生している場合もあります。

主に考えられる原因は以下の通りです。

●排水管の汚れやつまり
●食べ物のカスや油汚れの蓄積
●排水管の隙間
●カビの発生
●シンク下の収納にこもった空気
●封水切れ

それぞれについて、節に分けて解説します。

原因①:排水管の汚れやつまり

排水管に汚れが蓄積したり、詰まりが発生すると臭いの原因となってしまいます。

汚れや詰まりによって排水管内の水の流れが悪くなり、細菌が繁殖することになります。細菌が発生すると、これらが活動する過程で悪臭が生じてしまいます。

この状態が続くと、さらに水の流れが悪くなったり、バクテリアなどが繁殖しやすい環境を招くことになります。

排水管に汚れが詰まっていそうだと感じたら、そのタイミングで取り除くなど、適切な処理を行うことで細菌の繁殖を妨げることができます。

無理やり詰まりを流そうとすると、排水管のより深いところで再度詰まってしまう恐れがあるので処置の際には十分に注意しましょう。

原因②:食べ物のカスや油汚れの蓄積

食器を洗う過程などで食べ物カスや油汚れをそのまま排水管に流してしまうと、それらが蓄積して臭いの原因になることがあります。

特に蓄積しやすいのは以下のようなものです。

●食べ物の残り
●油脂
●石鹸カス

これらの有機物は細菌の好物であり、細菌がこのような有機物を分解するタイミングで臭いを発生させてしまいます。

また、蓄積された汚れ本体の油臭さも相まって強烈な異臭を放つ原因になるため、十分注意しましょう。

これらの汚れが蓄積することで、排水管のつまりなどの問題を引き起こします。

排水管に流れる前段階でネットを設置したり、油汚れは極力拭き取るようにすることで被害を最小限に抑えることができるでしょう。

原因③:排水管に隙間がある

排水管に隙間がある場合、そこから水や臭いが溢れ出して、シンク下の臭いの原因になってしまいます。

排水管は下水道からの臭いを防ぐためにS字になっていることが一般的ですが、S字になる前の部分が破損している場合、下水からの臭いが直接上がってきてしまうことになります。

下水のような嫌な臭いをシンク下から感じたら、配管の破損を疑いましょう。応急処置として、ビニールテープなどを貼ることで対処できます。しかし、恒久的な対策にはならないため、以降の章で解説する方法でこの問題に対処しましょう。

原因④:カビの発生

シンク下から漂う臭いがカビ臭い場合には、カビの発生が疑われます。シンク下はどうしても湿気が高くなりがちな場所であり、カビが発生しやすい環境となっています。

カビの発生が考えられる部分は以下の通りです。

●シンク下の空間内
●収納の壁
●シンク下に収納している物品

シンク下の空間は全体的に湿度が高いため、どこにでもカビが生えてしまうリスクがあります。

原因⑤:シンク下の収納にこもった空気

シンク下の収納にこもった空気が、臭いの原因になってしまうことがあります。

これは排水管からの臭いが充満してしまうことももちろん理由の一つですが、収納物自体が臭いを放っている可能性もあります。

例えば、漬物や臭いが強い食材、調味料などが原因であることが考えられます。これらの臭いを防止するためには、密閉できる容器に入れて保存したり、そもそも収納する場所を変更することを検討しましょう。

そもそもの臭いの改善方法については次の章で詳しく解説していますので、そちらも合わせてご覧ください。

原因⑥:封水の不足

封水とは、下水道からの臭いが排水管を伝って上がってこないようにするための仕切りとなる水のことを指します。

トイレや排水管など、下水道と繋がっている場所には必ずと言っていいほど封水が溜まっています。

排水管はS字になっており、このS字部分に水が溜まることで、下水道からの臭いを遮断することができます。

封水が不足してしまうことで下水道からの臭いが直接上がってくるため、臭いの原因となります。

言わば、臭いの原因を封じ込めるフタがない状態ですので、シンク下から臭いが上がってくることにも納得がいきます。

原因別!シンク下の臭いを解決する方法11選

シンク下から漂う悪臭を解決するための方法を原因別に分かりやすくまとめました。

シンク下から臭いが漂ってくる原因が把握できているのであれば、この章に書かれている通りに作業を進めることで臭いを解決することができます。

排水管の汚れや詰まり・汚れの蓄積への対処法

排水管の汚れの蓄積やつまりが原因で臭いが上がってくる場合の対処法について解説します。

排水管を掃除する

排水管の詰まりが原因の場合には、掃除をしてそれらを取り除くことで臭いを軽減させることが可能です。

排水口のフタやゴミ受けは台所用洗剤でよく洗いましょう。手が届かない排水管内部のお掃除は、60℃ぐらいのお湯を流すことで汚れを除去できる場合があります。

熱湯を注ぎ込んでしまうと排水管を損傷してしまう可能性があるので絶対にやめましょう。

パイプクリーナーで油汚れを剥がし落とす

こびりついた油汚れにはパイプクリーナーの利用がおすすめです。スーパーやホームセンターでも取り扱いがあるため、簡単に入手できます。

パイプクリーナーを使ったお掃除の手順は以下の通りです。

  1. 部屋の窓を開けたり、換気扇を回すなど換気する
  2. 排水口からパイプクリーナーを適量注ぐ
  3. パイプクリーナーに記載の時間、放置する
  4. 時間になったら水を流して完了

パイプクリーナーを流すだけで簡単にお掃除できるのが、このやり方の最も魅力的な点です。

パイプクリーナーを用いたお掃除の注意点は、時間を守ることです。長く放置しすぎると逆に汚れが固まってしまい、詰まりの原因になります。

排水管に隙間がある場合の対処法

排水管に隙間がある場合、下水道からの臭いが漏れてきてしまうことでシンク下が悪臭で漂ってしまう原因になります。

このような場合には隙間をなくすための処置が必要です。解決策を3つご紹介します。

防水パテで隙間を埋める

配管の接続部分にできた隙間を埋めるためには、防水パテの利用が効果的です。

防水パテは自由に形を変えられるため、隙間が開いている部分に柔軟にフィットして水漏れや臭いなどを防ぐことができます。

材質によっては陶磁器やプラスチック、金属などに対応しているものもあるため、ユースケースに応じて適切な物を選択可能です。

市販の製品として売られているため誰でも簡単に入手できる点もメリットの一つと言えるでしょう。

ご自身のシンクにはどの防水パテが適しているのかはご自身で見分ける必要がありますが、試してみる価値は大いにある方法です。

排水管を交換する

排水管が破損している場合には、補修テープや防水パテを利用することもできますが、時間が経つごとに剥がれてきてしまうことも考えられます。

根本的な解決をするためには、排水管を交換することがベストな選択だと言えます。

排水管を取り替えるには適切なサイズと材質の物を選んだり、実際に取り付ける手間がかかります。

もちろん、ホームセンターなどで買い揃えることも不可能ではないため、自力での修理は可能です。

しかし、口径が合わなかったり、取り付け方がわからないことも考えられますので、不安な方は業者に依頼した方が無難であるといえます。

防水キャップを取り付ける

排水管と床の間の隙間を埋める方法の一つとして、防水キャップを使うこともできます。

シンク下の排水ホースのサイズに合った物を調達する必要があります。サイズが合わないと防水キャップを取り付けられたとしても臭いや水漏れを完全に防ぐことはできません。

もしも防水キャップの利用を考える場合には、サイズを間違わないように入念に確認しておくことが必要です。

カビの発生への対処法

カビが発生していることで悪臭が漂っているのであれば、カビを取り除くことでカビ臭さを軽減することができます。

具体的なお掃除方法をご紹介しますのでぜひトライしてみましょう。

アルコールスプレーや塩素系漂白剤で拭き取る

カビを拭き取るために準備するものは以下の通りです。

●雑巾や使い古したタオルなどの布3〜4枚程度
●アルコールスプレー
●塩素系漂白剤
●ゴム手袋

アルコールスプレーや塩素系漂白剤を用いてカビが生えている部分を拭き取ります。具体的な手順を説明します。

  1. 換気されるように部屋中の窓を開ける(換気扇をつけるのも効果的)
  2. シンク下の収納物を全て取り出して掃除しやすいようにする
  3. ゴム手袋を装着
  4. 布にアルコールスプレーや塩素系漂白剤を吹きかけてシンク下の壁や床、配管などを入念に拭く
  5. 別な布で4で拭いた場所を水拭きする
  6. 水拭きした箇所に水分が残らないように乾拭きする
  7. 拭き掃除が終わったらしばらく収納部分の開けっぱなしにして完全に乾くまで待っておく
  8. 完全に乾いたことを確認できたら2で取り出した収納物を元に戻す(ぎゅうぎゅうに詰め込みすぎないのもポイントです)

このお掃除のポイントはアルコールスプレーや塩素系漂白剤を用いて、カビを丁寧に拭き取ることです。

特に、四隅や排水管の接続部分などは拭き忘れが多い部分ですので、拭き残しがないように隅々まで拭き掃除するようにしましょう。

また、拭き終わった後に、すぐに閉めないことも重要です。乾拭きしたとはいえ、水分が残っている可能性がありますのでしっかりと乾燥させましょう。

なかなか取れない臭いには重曹をふりかけて一晩放置

アルコールスプレーや塩素系漂白剤で拭き掃除をした後もなお、臭いが取れない場合には重曹を使ったお掃除も効果的です。

用意するものは以下の通りです。

●重曹(粉タイプ)
●雑巾や使い古したタオルなどの布2〜3枚程度
●ゴム手袋

お掃除の手順を示します。

  1. シンク下の収納物を全て取り出して掃除しやすいようにする
  2. ゴム手袋を装着
  3. 重曹をまんべんなく振りかける
  4. 一晩放置
  5. 重曹を乾拭きする

重曹はクリーニング剤として用いられるだけでなく、消臭にも貢献します。手軽に入手できるため試してみる価値はあるでしょう。

より効果的にお掃除したい場合には、水に重曹と酢を溶かして吹きかけ、一定時間放置して拭き取る方法もあります。

この場合には水拭きした後に乾拭きするようにしましょう。

シンク下の収納にこもった空気への対処法

シンク下の収納のこもった空気が臭いの原因となる場合の対処法について説明します。

扉を開けて換気する

まずは扉を開けて換気することでこもった空気をシンク下の収納の外に出すことが可能です。

湿気が溜まっていると、そこから嫌な臭いが発生したり、カビが生えたりする原因になるため、換気をすることで臭いを軽減することができます。

脱臭剤を設置する

定期的な換気と組み合わせて、脱臭剤や消臭剤などを使うのもおすすめです。

置いておくだけで嫌な臭いを化学的に取り除いてくれるため、非常に手軽に臭いの問題を解決することができます。

特に、空気が滞留してしまうようなスペースがある場合には、そこに脱臭剤を設置することで臭いのもとにアプローチしやすくなります。

空気の通りが良いような収納の仕方にする

シンク下の空気が流れやすいように、空気の通りをよくするような収納の仕方を考えることもできます。

物を詰め込みすぎると空気が流れなくなってしまい、扉を開けたとしても換気できなくなります。

空気がこもって臭いが発生することを根本的に解決するのであれば、空気がこもらないような環境を整えることです。

シンク下におかなくてもよいものは別な場所に移動し、必要最低限なものだけを置くようにすることで空気の通りをよくします。

封水が不足している時の対処法

封水は下水道からの臭いが上がってくることを防ぐために存在しています。封水が切れると下水道の臭いが直接上がってくるので悪臭が漂う原因となります。

水を注ぐ

封水がなくなる主な原因は排水管の破損かもしくは蒸発です。特に、中長期間にわたって水道を使わなかった場合に蒸発してしまうことが考えられます。

蒸発が原因である場合、水を注いであげることでその水が排水管内に留まり、封水の役割をはたします。

また、封水が切れることを防ぐためにも、使う頻度が少ないシンク(もしくは洗面台など)であっても定期的に水を流すことをおすすめします。

シンク下の臭いを日頃から予防する方法

シンク下からの臭いを発生させないために、日頃からできる対策方法には以下のようなものがあります。

●シンク下を定期的に換気する
●排水管に食べカスや油(脂)を流さないようにする
●脱臭剤や消臭剤などを活用する
●収納に余裕を持たせる

今後、シンク下の臭いに悩まされないようにするために今からできる方法をそれぞれ詳しく解説します。

まだ対策がお済みでない方はこちらの章を参考にして実践してみてはいかがでしょうか。

シンク下を定期的に換気する

シンク下は閉め切ったままで換気することは少ない場所です。換気をしないことで湿気が溜まったり、臭いが充満する原因となってしまいます。

特に、排水管も通っているため、湿度が高くなりがちな場所ですのでこまめな換気を行いましょう。

定期的に換気することで空気が充満することを防ぎ、湿度を下げて、カビの繁殖を抑制できます。

風の通りが悪い場所である場合には扇風機やサーキュレーターなどを活用して空気を送り込むような環境を作ることもおすすめです。

シンク下の収納部分を開けっぱなしにしておいても抵抗がない方は開けておくことで、日常的な換気を促すことができます。

ご自身の生活環境に応じて、負担にならない程度でシンク下を換気しましょう。

排水管に食べカスや油を流さないようにする

排水管に食べカスや油を流してしまうことで、それらが排水管に蓄積して悪臭を漂わせる原因となってしまいます。

そこでなるべくそれらの汚れを排水管に流さないようにすることで、臭いを軽減することができます。

具体的には以下のような対策が考えられます。

●シンクと排水管の接続部分にネットを設置する
●食べカスは三角コーナーで処理する
●油はキッチンペーパーなどで拭き取って洗う

油汚れの原因となるものを排水管に流さないことが理想ではありますので、キッチンという場所の特性上それは不可能なはずです。ですので、できる限り、食べカスや油汚れを流さないような工夫をするようにしましょう。

これらの対策に必要な物品はスーパーやホームセンターでも調達できますので、すぐに対策を打つことができますよ。

脱臭剤や消臭剤、除湿剤を置く

脱臭剤や消臭剤をおくことで臭いを直接解消させたり、除湿剤をおくことで臭いが充満してしまう湿度の問題を原因を解消することができます。

定期的な交換は必要になりますが、置いておくだけで効果を発揮してくれるため、非常に簡単にできる対策と言えるでしょう。

脱臭剤や消臭剤などを置くスペースがない場合には、スプレータイプの消臭剤もおすすめです。シューっと吹きかけるだけで手軽に消臭できますのでスペース的な問題にも対処できます。

また、お好みによっては芳香剤などをおくことでより快適な住空間を作り上げることができます。

収納に余裕を持たせる

シンク下の空気が循環しないことで臭いの原因となってしまうため、シンク下の収納に余裕を持たせることも臭い対策の一つになります。

シンク下に置かなくても良いものは別の場所に置くことを検討したり、ラックを設置するなどしてシンク下の空気の通りをよくすることで臭いが滞留することを防止できます。

置くものの材質によっては臭いが移ってしまう場合があります。特に紙製品は湿気や臭い成分を吸収しやすい特徴があるため、これらのものはシンク下には置かない方がよいでしょう。

生活のしやすさとのバランスを考えて、収納物のレイアウトを変更するのもシンク下の臭い対策の一つの手段であると言えます。

どうしても取れないシンク下の臭いは業者に依頼する

 

シンク下から漂ってくる臭いの原因が自力では分からず、お悩みの場合には、専門の業者に依頼することもおすすめです。

排水管のつまりや水漏れが原因の場合、原因がわかったとしても自分で対処することが難しいことがあります。このようなお悩みにも専用の器具と確かな知識で解決まで導いてもらうことが可能です。

水道屋本舗では、24時間365日いつでもシンク周りのお悩みに対処できる体制を整えています。

お電話一本ですぐに駆けつけますので、ぜひお気軽にご相談ください。詳しくはこちらをご覧ください。

シンク下の臭いを解決するために業者を手配するメリット

シンク下の臭いを解決するために業者に依頼することには、いくつかのメリットがあります。

この章では、どのようなメリットがあるのかについて3点わかりやすく解説します。

原因の調査から対策まで全て任せることができる

シンク下からの嫌な臭いに対処するためには、原因の究明から対策までを徹底して行う必要があります。

専門の業者に依頼することで、これらの一連の流れを全て任せることができます。

また、これまでの経験から何が原因なのかを予め見当をつけた上で作業に取り組んでもらえるため、効率的でもあります。

実際、自力で原因の究明ができたとしても、それを解決するための方法が分からないことがあります。

こういったケースでも結局、専門の業者に依頼することになるため、そうであれば依頼することを早めに検討した方が解決までの時間を短くすることができます。

専門の工具や洗剤で対応してもらえる

シンク下の臭いの原因を突き止めた後、それを解決するために清掃や修理を行わなければなりません。

専門の業者なら専門の工具や効力が強い薬剤などを用いて対処することができるため、素早く解決することが可能です。

一般家庭では配管の中の詰まりを解消するような工具が手元にないことも普通です。だからと言って今後使うかも分からない掃除用具を購入するのも気が引けてしまいます。

このような場合には業者の力を借りて解決することをおすすめします。

対策の際の二次被害を限りなく低くできる

シンク下の臭いに対処している際に、新しい問題が発生してしまうことも考えられなくはありません。例えば、以下のようなことがあります。

●配管の詰まりを解消しようとした時に配管を破損してしまった
●シンクからの水漏れを解消しようとした時に余計に水漏れさせてしまった

これを繰り返してしまうと、シンクや配管を丸ごと交換しなければならなくなるなど、取り返しのつかない事態を招くことも…

専門業者に依頼することで、このようなリスクを最小限にすることができます。その理由は、これまでの経験と知識があるからです。

想定されうる二次被害に適切に対処しつつ、作業を行ってもらえるため安心して依頼できます。

まとめ:シンク下の臭いは早めに解決しよう

この記事ではシンク下の臭いにお困りの方向けに以下のようなことを解説しました。

●シンク下からの臭いに気づいた時にまずやること
●想定されうる原因
●シンク下の臭いを自力で解決する方法

シンク下の臭いへの対処は自力でも行うことができますが、専門業者に依頼した方が早く解決する場合もあります。

シンク下の臭いでお困りの方は、ぜひ一度水道屋本舗までお問い合わせください。お客様の状況に応じて対処させていただきます。

高野祐二

水道修理事業会社
株式会社JUNコーポレーション代表取締役
高野祐二

水道設備の配管工として経験を積んだ後に水道屋本舗で水道緊急修理のスタッフとして長年活躍。 2022年より独立し、新たな水道緊急修理の会社である株式会社JUNコーポレーションの代表取締役に就任。水道修理スタッフの育成に尽力。

保有資格
- ガス可とう管接続工事監督者
- 給水装置工事主任技術者

こちらの情報はお役に立ちましたか?

自分でやってみるのが怖い。
プロにお願いしたい!

そんなお客様は
今すぐご相談ください!

まずは症状を教えてください!

通話料無料/24時間365日受付

フリー
ダイヤル

0120-0120-24

キッチン・台所の
修理と料金表

ic_search_symptom

つまりの
修理と料金表

ic_search_symptom

水漏れの
修理と料金表

ic_search_symptom

お急ぎの方はこちら!

24時間 通話料無料

0120-0120-24

お電話一本でお伺いします!
Copyright© Aqualine Ltd. All Rights Reserved.