水漏れ・つまり・水道に関するトラブルや悩みを24時間受付でお客様をサポート!

最新更新日:2024年07月20日

水漏れ・つまりのトラブルなら水道屋本舗

  • お客様満足度99.8%※平成29年度(当社調べ) お見積り無料 24時間365日 TOTOLIXILINAX取扱店 クレジットカードOK! 修理実績100万件突破!

まずは状況をお知らせください! 24時間365日通話無料0120-0120-24

お役立ち情報詳細

水道管を交換する目安はいつ?交換にかかる費用や注意点を徹底解説

水道管は定期的なメンテナンスを行い、必要に応じて交換しなくてはなりません。しかし、頻繁に目に触れるものではないため、交換のタイミングが分からないという方も多いのではないでしょうか。

 

確かに交換の頻度が高いものではありませんが、交換すべき時にしておかなければ、後々のトラブルにつながる可能性があります。

 

今回の記事では、水道管の交換について以下のことを解説します。

 

  • 水道管を交換しなければいけないサイン
  • 水道管の交換にかかる費用
  • 水道管を交換する際の注意点

 

最後まで読んでいただき、水道管のメンテナンスに関する知識を習得しましょう。

水道管を交換しなければならないタイミングの見分け方 

水道管を交換しなければならないタイミングはいくつか存在します。この章では、交換すべきタイミングについて3点解説します。

 

もしも、このような状況に遭遇しているという場合には交換の手配をしましょう。

水道管から水漏れしている

水道管からの水漏れを確認した場合には、言わずもがな水道管の修理(かもしくは交換)が必要です。

 

修理によって一時的に復旧させることは可能かもしれませんが、将来的に同じような水漏れトラブルが発生することを考えると、水道管を交換した方がいいかもしれません。

 

そもそも、水道管から水漏れしているということは、経年劣化による破損か物理的な力が加わったことによる破損が認められるということです。

 

特に経年劣化による破損の場合には、水漏れ箇所だけでなく、全体的に水道管の耐久性が劣ってきていることが考えられます。

 

被害の拡大を防ぐためにも早めに水道管を交換しておくと安心です。

 

水道管から水漏れしているかどうかを確認する方法は、家中の水栓を全て閉めた上で、水道メーターをチェックすることです。

 

もしも、水道を利用していないのに水道メーターが動いている場合にはどこかで水漏れしていることが疑われます。

 

水漏れ箇所の特定が難しい場合には、まずは元栓を閉め、専門の業者に調査を依頼しましょう。

水道水の味や見た目に異常がある

水道管の劣化が疑われる場合、水道水の味や見た目にも異常が現れることがあります。

 

例えば、今まではしなかったのに急に鉄の味がしたり、茶色く濁ったような水が出てくるようになった、などです。

 

実際にはよく観察してみないと分からないこともあるかもしれませんが、水道管に異常がある時にはこのような症状が現れることがあります。

 

日頃から定期的に水道水に異常がないかを確認するクセをつけておくと、水道管のトラブルにもいち早く気づくことができるかもしれません。

 

なお、水道水の味や見た目に異常を感じたら、その問題が解決するまでは飲用水として用いないように気をつけてください。その水による健康被害を被ってしまう可能性があるので注意しましょう。

 

また、住宅内の別の場所で水道を出して見た目を確認することで、どの箇所の水道管に問題があるかをある程度特定することができます。一定の箇所で水道水に異常があるだけならば、その蛇口付近の水道管に問題があると判断可能です。

水道管の耐用年数を超えている

水道管の耐用年数を超えてもなお、交換せずに利用していると破損などのトラブルに発展する恐れがあります。

 

もしも、明らかに耐用年数を超えてると感じた場合には水道管を交換することを検討しましょう。

 

水道管の材質別に耐用年数の目安を記載していますのでご確認ください。

 

鉄管 40〜70年
ステンレス管 40〜60年
塩化ビニール管 40〜60年
HIVP管 40年程度
ポリエチレン管 30〜40年程度
亜鉛メッキ鋼管 10〜15年程度

 

上記の表はあくまでも目安です。必ずしもこのぐらい水道管の耐久性があるとは限らないのでご注意ください。

 

平均的に40〜45年ほどが交換を検討するタイミングだと言えそうです。

 

特に水道に関するトラブルが発生していなかったとしても、施工後このくらいの期間が経っているようであれば、一度点検しておくと安心できますね。

水道管の交換にかかる費用の目安

水道管の交換を自力で行うのは法的に規制されていることもあり、難しいです。そのため、水道管の交換は専門の業者に依頼することが一般的です。

 

この章では水道管の交換にかかる費用の目安を解説します。

相場は30万〜50万円

水道管の交換にかかる費用は、水道管を交換する場所の規模や難易度、水道管の材質に依存します。そのため、金額に幅があることをご承知おきください。

 

以下は修理の規模別にかかる費用の例を示しています。

 

交換箇所 費用相場
水道管の一部分 1〜10万円
敷地内の水道管 30〜50万円
建物内の水道管全て 10〜100万円

 

ご覧の通り、水道管の修理にかかる費用には幅があることが分かります。ここで示しているのは一例ですので、住居によってはさらに高額になる可能性も十分にあります。

 

水道管交換の費用相場は30万〜50万円ほどと考えておくと良さそうです。詳細な金額は施工業者に依頼して見積もりしてもらうようにしましょう。

相見積もりを行って相場感を確認する

先ほど、水道管の交換にかかる費用には幅があることを解説しました。これでは、費用の妥当性が分からず、過剰な修理費用を請求されてしまうケースも考えられます。

 

このような、費用に関するトラブルを避けるためにおすすめな方法は「相見積もり」です。

相見積もりとは、複数の業者に対して同様の施工を依頼した場合の費用を問い合わせる方法です。

 

業者によって提示金額は変わるため、その平均を取ることで水道管修理の相場観を確認することができます。

 

また、相見積もりをとる際には、見積もり金額の明細も合わせて提示してもらうように依頼しましょう。

 

どの作業にどのくらいの費用がかかるかを具体的に確認することで、業者選びの判断材料を増やすことができます。

 

加えて、同じ金額であっても細かなサービス内容が異なる可能性が考えられるのでその点も合わせて確認しておくようにしましょう。

 

価格交渉を持ちかけたい場合には他社の見積もり金額を口頭で伝え、相談するようにすると相手側も金額の調整を行いやすくなるためおすすめです。

賃貸住宅の場合には修理する前に管理者に相談する

もしも賃貸物件にお住まいで、その物件の水道管に違和感を覚えた場合には、まず管理会社か大家さんに連絡するようにしましょう。

 

管理者を通さずに業者に修理依頼を行ってしまうと、修理費用をご自身で負担しなければならない事態を招きます。

 

一般常識の範囲内での水道管の損傷であれば、建物の管理者が金銭の負担をすることも普通です。

 

また、建物の管理者の意向を確認せずに、勝手に修理してしまうと、トラブルに発展する恐れもあります。

 

このような問題を発生させないようにするためにも水道管の修理や交換を行いたい場合には、建物の管理者に問い合わせるようにしましょう。

 

水漏れなどで急をようする場合には、とりあえず応急処置を行ったうえで管理者に連絡することで、被害を最小限に抑えることができます。

水道管を交換する際の注意点

水道管を交換する際に気をつけた方がいいことがいくつかあります。もしも誤った対応をしてしまうとご自身が損してしまうことに繋がります。

 

この章では、水道管の交換での注意点として3つ解説します。

自力での水道管修理は法的に規制されているケースがある

水道管の工事は法律によって規制されており、誰でも行えるわけではありません。以下に、無資格者でも行える施工と有資格者でないと行えない施工をそれぞれ列挙します。

 

まず、無資格者でも行える施工は以下のようなものがあります。

 

  • 蛇口の交換
  • コマの取り替え
  • 蛇口のパッキン交換

 

このように軽微な施工の場合には無資格者でも行うことができます。一方で、有資格者でないと行えない施工は以下のようなものがあります。

 

  • 蛇口を増やす工事
  • 水道配管の敷き直し

 

これらのような作業は水道局への事前の申請が必要であり、また水道局から認められた業者しか行うことができません。もしも、無資格者が施工した場合、法令によって罰せられたり、水道の供給を停止させられることもあるのでご注意ください。

 

無資格者による水道管の施工が制限されている理由としては以下のようなことがあります。

 

  • 不適切な施工で健康被害や水漏れトラブルを招いてしまう
  • 水道に関する機器の保証対象外になる場合がある
  • 事故の原因となってしまう

 

水道管の交換はご自身では施工できないのでご注意ください。仮に、ご自身の住宅の敷地内であっても施工することはできません。

安心して依頼できる業者を選択する

水道管の修理は業者に依頼することになりますが、この時、依頼する業者の選定は慎重に行うようにしましょう。

 

見積もりが最も安かった業者にする、などのような簡単な理由で業者を選定してしまうと質の低い施工がなされる可能性があります。

 

水道は我々の生活になくてはならないものであり、その供給を担う水道管はとても重要な役割を果たしています。

 

もし仮に施工にミスがあった場合、やり直しを依頼しなければならないほか、利用者の健康に被害を与えてしまう可能性も考えられます。

 

このようなトラブルを招かないようにするためにも安心して依頼できる業者を選択しましょう。

 

業者の選び方については次の章で詳しく解説しますのでそちらも合わせてご確認ください!

共用の水道管の場合には事前に周知しておく

住宅地や共同住宅などの共用の水道管を修理・交換する場合には事前に周囲の住民に連絡しておくようにしましょう。

 

その理由は、修理中は水道が遮断されてしまうためです。事前告知なく、急に水道が遮断されてしまうと地域住民に迷惑がかかります。そこから発展して近所トラブルになる可能性も考えられますので事前の周知は必須です。

 

また、共用の水道管の修理を利用者1人の判断で行うことが難しい場合もあります。複数の利用者がいる水道管の場合にはその利用者同士で話し合いを行なって、修理をするかどうか検討しましょう。

 

公共の水道管に異常があると思われる場合には、業者に連絡するのではなく水道局に問い合わせて確認してもらう方が賢明です。

水道管の交換を依頼する業者を選ぶポイント

水道管の交換は業者に依頼することになります。その際、どのような業者に依頼すれば良いのか戸惑っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

この章では、水道管の交換を依頼する業者を選ぶためのポイントとして6つの視点から解説します。

親身に相談に乗ってくれるかどうか 

ご自身の悩みを十分にヒヤリングしてもらえるかどうかは施工業者を選定する上で重要なポイントの一つです。

 

今後も修理を依頼する可能性があることからなるべく友好な関係を築いておきたいのも事実です。

 

この時、親身に相談に乗ってくれないようであれば依頼しづらくなってしまうことが考えられます。また、依頼する側の心情としても心地良いものではありません。

 

見積もりを発行してもらう段階でコミュニケーションをとり、担当者の雰囲気や話し方などを確認しておくと安心です。

ニーズに沿った施工をしてくれるかどうか

施工業者に、ご自身のニーズに沿った施工をしてもらえるかどうかも業者を選ぶための一つの視点となります。

 

ニーズに沿った施工を行なってもらうことで、具体的には以下のようなことにおいてメリットがあります。

 

  • 生活スタイルに合った素材選びやデザインを適用できる
  • 効率的な作業を行ってもらえる
  • 施工後のトラブルを回避できる
  • 信頼関係を構築できる

 

水道管が目に見えるような位置に配管されていた場合、見た目も気にしたいということも考えられます。この場合には顧客側から素材や見た目のデザインに関する要望を提示することになりますが、これを実現してもらえないと満足度は当然下がってしまいます。

 

もちろん、水道管としての役割を果たしている前提で、さらに細かい要求にも応えてもらえると安心して依頼できます。

 

また、施工の時間に関する依頼もニーズに含まれます。早めに作業に取り掛かって欲しい場合や一定の期間で終わらせて欲しい場合などに、その旨を伝えることができます。

 

このように、要望を叶えてくれるような施工業者ならば施工後のトラブルを回避できますし、今後も水道管の施工を依頼しやすくなりますね。

創業年数や施工実績が豊富か

施工業者の創業年数や施工実績を確認して、依頼する業者を決めることも有効な手段の一つです。

 

数多くの施工実績がある業者であれば、長年の経験と知識を駆使して丁寧かつ素早い施工が可能であると予想できます。

 

逆に創業したてで施工実績が少ない場合には、本当に施工ができるのかが少し不安になってしまうこともあるでしょう。

 

これまでの施工実績は多いにこしたことはありません。もしも確認できるようであれば施工実績についてもチェックしておくと良いですね。

Web上の評価・口コミが良好であるか

Web上で施工業者についての評価や口コミが確認できるならば、そちらもチェックしておくと安心です。

 

見積もり金額が適正でも施工前の対応も丁寧であったとしても、施工が正しく行われるかは別の話です。

 

一番の目的は水道管の交換を適切に行ってもらうことですので、他の人の口コミを聞いてこれまでの実績を判断するのも一つの方法です。

 

もしも著しく評価が悪いようであれば、その業者に依頼するのは避けた方が無難かもしれません。

施工する土地の事情に詳しいか

地質や地盤の硬さなど、土地の事情に詳しい施工業者に依頼する方が安心できます。例えば、場所によっては地盤がやわらかすぎるために特別な処置を行ったうえで作業を依頼しなくてならないケースもあります。

 

このような知識がない業者に依頼してしまうと施工中に甚大な被害を発生させてしまったり、施工が始まってから追加の費用を請求されることも考えられます。

 

施工が開始した後にトラブルになる可能性があるので、その可能性をなるべく減らすためにも土地の事情に詳しい業者に依頼するようにしましょう。

 

その土地で水道修理を専門に行っている業者であれば、土地の事情については詳しく理解していると判断できます。

詳細な見積もりを出してもらえるか

詳細な見積もりを出してもらえるかも確認しておきましょう。業者によっては作業内容の詳細を公開しないまま見積もりを出す可能性があります。

 

この場合、値付けの妥当性を判断しづらくなりますし、どの範囲までをその金額で対応してくれるのかが不透明になってしまいます。

 

費用に関するトラブルを招いてしまわないように、詳細な見積もりを出してもらえる業者に依頼することを検討しましょう。

 

これに関しては、複数の業者で相見積もりをとることで料金設定の妥当性を判断することができます。

 

依頼するかどうかはおいておいて、まずは複数社から見積もりをとることをおすすめします。

水道管を修理・交換しないことによるデメリット

水道管を修理・交換しないことによって発生すると考えられるデメリットには以下のようなものがあります。

 

  • 水漏れによって水道が使えなくなる
  • 水道管の大規模な破損による出費の増加
  • 水道管の材料が水に溶け出すことによる健康被害

 

水道管の修理や交換を怠ることで、水道管が破損して水漏れさせてしまうリスクを高めてしまいます。

 

水漏れが発生すると、当然修理が完了するまでは水道を利用することができません。

また、大規模な破損となると修理費用がとてつもなく高額になってしまう恐れもあります。

 

さらに、水の流れによる摩耗で水道管の内部が削れ、その削れた成分が溶けた水を飲んでしまうことによって発生する健康被害も考えられます。

 

このように、水道が我々の生活と切っても切り離せないものであるため、いざ水道管にトラブルが起こった時には予想以上の被害を受けてしまいます。

 

大規模な修理や交換作業を行わずに済むように、定期的にメンテナンスを行い、破損していなくても交換するようにしておくと安心です。

まとめ:水道管の交換は信頼できる業者に依頼しよう 

この記事では水道管の交換について様々な角度から情報をお伝えしてきました。水道管の交換のタイミングは、水道管からの水漏れを確認した時はもちろん、水の味や見た目、耐用年数を超えてないかなどの情報から推測できます。

 

トラブルが起こっていない場合でも耐用年数をすぎたら水道管の交換を手配しておくと安心です。

 

無資格者の水道管の交換は法的に規制されている場合があります。また、専門的な知識に欠けている状態で修理を行ってしまうと、新しい問題を引き起こしてしまうことも考えられます。

 

交換にかかる費用は高くなりますが専門の業者に依頼することをおすすめします。

 

水道屋本舗では、水まわりのトラブルやお悩みの解決を行うことができます。経験豊富な専門のスタッフがご自宅まで伺い、丁寧に対応します。

 

もしも、水道管の交換に関してお困りの場合には、ぜひ一度、水道屋本舗にお問い合わせください。

 

高野祐二

水道修理事業会社
株式会社JUNコーポレーション代表取締役
高野祐二

水道設備の配管工として経験を積んだ後に水道屋本舗で水道緊急修理のスタッフとして長年活躍。 2022年より独立し、新たな水道緊急修理の会社である株式会社JUNコーポレーションの代表取締役に就任。水道修理スタッフの育成に尽力。

保有資格
- ガス可とう管接続工事監督者
- 給水装置工事主任技術者

こちらの情報はお役に立ちましたか?

自分でやってみるのが怖い。
プロにお願いしたい!

そんなお客様は
今すぐご相談ください!

まずは症状を教えてください!

通話料無料/24時間365日受付

フリー
ダイヤル

0120-0120-24

お急ぎの方はこちら!

24時間 通話料無料

0120-0120-24

お電話一本でお伺いします!
Copyright© Aqualine Ltd. All Rights Reserved.